日露首脳会談について、「領土問題が進展しなかったので、経済援助の取られ損」という評価をする方がいます。

1219

日露首脳会談について、「領土問題が進展しなかったので、経済援助の取られ損」という評価をする方がいます。しかし、経済援助はロシアを日本の顧客にするために行われているのです。
医療サービスは、私が経産省の医療福祉機器産業室長だった頃から、ロシアなどの諸外国に売り込もうと企画していました。最初に経済援助として、日本の医療サービスを利用し始めたロシアが、その後も日本の顧客になることを狙っています。
よって、領土問題が解決しなくても、今回の日露首脳会談には十分な成果があったのです。